夏に欠かせなく、今年のトレンドでもあるオフショルのかわいい服を着こなしたいけど背中ニキビがひどくて…なんて人はいませんか?
せっかく可愛い服を見つけておしゃれに着こなしたい!と思い、マネキンに惹かれて買った服も、いざ家に帰って着てみたら背中のぶつぶつが目立って着れない…ということ、あるあるだと思います。
鏡で背中を見たとき、背中に無数に広がる背中ニキビの跡が気になってしまうものです。
背中ニキビを治すには、日常のささいな生活を少し見直すだけでいいんです!
まずは、お風呂の入り方です。お風呂に入るとき、洗う順番はどうしていますか?
背中ニキビの1番の原因となるのが、シャンプーやリンスなどの洗い残しです。
お風呂の中で洗う順番を一度考え直し、頭から下に流すようなイメージで洗っていくことが大切です。
また、シャンプーやリンス、トリートメントをしたあとは、髪を束ねて背中に髪の毛がつかないようにしましょう。
お風呂を出る直前にも背中をよくすすぎ、お風呂から上がった後は化粧水や乳液などで保湿してあげることも大切です。
その他にも、背中ニキビの原因はあせもだということもあります。
背中ニキビがひどいときは、通気性の良い服を着るようにしたり、汗をかいたら定期的に吹くようにしたりと清潔に保つことも大切です。
背中ニキビやあせもの無いつるつるの背中にしたら、産毛などもしっかりそってキレイな背中を保ちましょう!

激しい運動をしたり、無理な食事制限をしたりするのは絶対に続かないからマイペースにダイエットだできたらなぁ…と思っている人必見です!
ダイエットは、無理に自分の目標を立てたりするとすぐに終わってしまい、続かないものです。
そんなときは、痩せたい目標となる時期より数か月前から、日常生活で出来る簡単なマイペースダイエットを始めましょう♪
やりかたは簡単です!
まずは、しっかりと朝食をとるようにしましょう1
朝食をとらないと体のリズムが崩れ、変な時間にお腹がすいて食べ過ぎてしまうことがあります。
簡単に済ませるのではなく、朝食だけはしっかりとエネルギーのあるものを食べるようにしましょう。
つぎは、その後のおひるごはんなどの前に、コップ一杯の水を飲むようにしましょう。
水を飲むことで空腹感がおさまり、自然と食べる量も少なくなるものです。
次に、移動などの時は楽をしたり近道をしたりせず、ほんの少しきついほうを選ぶようにしましょう。
例えば、エスカレーターではなく階段を使うようにしたり、近道を行くのではなくすこし歩くような工夫をしたりします。
最後に、夜ご飯はできるだけ早い時間に食べるようにしましょう。
消化がしっかりできていない状態で寝ることの無いようにすると、太りにくいからだができあがります。
以上のことに気を付けていれば、ゆるゆるとマイペースなダイエットが続き、負担がかからないことでもう少し頑張ってみようかな、と思いやすくなります。
過度なダイエットよりも健康的で長続きしそうな、日常生活でも簡単に取り入れることのできるマイペースダイエットでスリムな体を手に入れましょう♪

毎日同じ髪型で、同じ系統の服を着回ししていると自分も周りも飽きてしまうものです。
そんなとき、簡単にイメチェンが出来たらとってもいいですよね!
そんなときのための簡単イメチェン方法をご紹介します。
まずは、やっぱりヘアスタイルを変えてみること!
最近では、いろいろなお店に難しい髪形でも簡単にアレンジができるグッズも沢山売っています。
不器用だから…といってヘアアレンジから逃げていると、数年後の自分の廃れっぷりの周りとの差に肩を落とすことになるかもしれません。
苦手だからと言って逃げずに、チャレンジしてみましょう!
次に簡単イメチェンができるのは、メイクの色を変えてみる事です。
ピンクベースからオレンジベースにしてみたり、上級者であればカラーメイクをしてみたり。
カラーメイクに慣れていない人は、まずはアイシャドウからカラーを取り入れてみましょう。
アイラインに違った色を一本入れるだけでも印象が大きく変わります。
そして、少し違った系統の服にチャレンジしてみる事!
最初はとても勇気がいりますが、いろんなファッションサイトや雑誌を見ていると、何となく自分の似合いそうなものや期待服のイメージが湧いてきます。
イメチェンをするだけで、彼との距離も縮まるかも?
まずはプチプラなものから取り入れて、雰囲気の違う自分を見つけましょう♪

鼻毛は抜いちゃダメって知ってた?
出掛ける前に鏡をみたら鼻毛が出ていた…。即座に鼻毛を抜くというのが習慣になっている
方が多いと思います。私もその1人でしたが、この鼻毛を抜く行為はとても危険であることを知っていましたか?
鼻毛には鼻に侵入してきたホコリ、菌を取り除き体の中に異物が入り込まないようにする
役割があります。言い換えれば鼻の入り口はとても汚れていると考えることができます。
しかも少し内側は粘液で覆われているためさらに菌が増殖しやすいといえます。
また人間の体毛は毛穴の奥にある「毛乳頭」から生えています。
この部分は血管、神経がつながっているので無理やり抜いてしまうと
血管なども傷ついてしまうということなのです。
傷ついたところにばい菌が入って毛嚢炎になるリスクもあります。
毛嚢炎。切開が必要になることも…
毛嚢炎というのはきいたことがない方も多いことでしょう。
これは傷の近くでブドウ球菌や連鎖球菌が繁殖、化膿してまるでニキビのように腫れてしまうというもの。
この症状も軽いものであれば自然治癒しますが、重症化すると少し触っただけでも激痛に見舞われます。
ここまでひどくなってしまった場合も抗生物質を3、4日服用することで治癒しますが
患部を切開して膿を取り除かなければならない場合もあります。
鼻毛は抜かずに切って処理しよう
毛嚢炎はひどいと切開が必要になるという恐ろしいものですので、
鼻毛を抜くことは絶対にやめましょう。
鼻毛を処理するならば、抜くのではなくハサミ、カッターを用いて鼻毛を切りましょう。
鼻毛が気になってしまう方は常に専用のハサミや電動カッターを持ち歩くことをおススメします。

夜メイクを落とした後、化粧水や乳液を付けて寝て、翌朝。
朝の洗顔、どうしていますか?
敏感肌の人にとって洗いすぎは禁物ですが、それ以外の人は寝ている間の皮脂汚れを朝のクレンジングで落としてさっぱりしてみませんか?
朝、化粧ノリが悪い時があります。
それ、実は寝ている間に昨晩付けた乳液や化粧水が酸化し、皮脂汚れと結びついていて、朝の洗顔だけでは落としきれていない場合があります。
その結果、化粧ノリも悪くなり、気分は朝から低め…なんてことにもなりかねません。
洗顔料だけでは皮脂汚れは落としづらいことが多いので、朝も優しいミルクなどでクレンジングをすることをお勧めします。
朝クレンジングはメイクを落とす必要が無いので、ウォータープルーフもすぐ落ちる!とうたっているリキッドやオイルクレンジングよりも、優しい水タイプやミルクなどがお勧めです。
洗顔料だけでは落としきれない汚れをクレンジングで落とし、朝からスッキリすることで化粧ノリも抜群!
夕方の化粧直しも簡単に終わらせることが出来ますので、夜からそのまま呑み会なんて時も直行できちゃいます!
出来る女子は朝クレンジングを始めているかも?
自分の肌質を考えて、プラスになりそうなときは実践してみましょう♪

寝ているとき、みなさんはパジャマを着ていますか?
実は、服を着ないで寝た方が体にとっていいことが沢山あるんです!
人は寝ている間に体温調節をしているので、服を着ていないと体温調節がしやすい状態になって睡眠の質もよくなります。
厚着をしていて寝汗をかくと寝ている間に自然と服を脱ぐのは困難になりますが、服を着ていない状態であれば同じ気温でも肌寒い時だけ毛布をかぶる等しやすくなります。
また、ズボンのゴム紐などによる子宮の圧迫もなくなり、体にとって良いことが沢山なのです。
体への圧迫が少なくなったり体温調節がしやすい状態になることで、睡眠の質もグンとあがり、お肌の調子がよくなったり体のだるさが取れたりと、パジャマなしでの睡眠は体にとっていいことばかり!
胸に関しては、寝ている間にノーブラなのは賛否両論あるので、気になる人はナイトブラの着用などをしましょう。
家族と一緒に住んでいる人だと裸で寝るのは難しいかもしれませんが、1人暮らしの人や彼氏と同棲している人ならおすすめします!
とくに、彼氏と同棲している人なら夜のスキンシップも増えて、2人の関係がさらに親密になることまちがいなし!

お顔剃り専門店なんてものまである現代の美意識の高い女子たちの間でも、顔の産毛は頻繁にケアが必要なことからセルフケアをしている人も多いのではないでしょうか?
メイク前の時間にちゃちゃっと剃りがちですが、実は正しいケア方法をしていないとお肌を傷つけてしまう原因になってしまいます!
まずは、顔の産毛剃りをするときに使う道具です。
ほとんどの場合、カミソリが主流だとは思いますが、少しお値段が張ってもお顔剃り用の電動シェ?バーを使ったほうがお肌の負担は少なくなります。
さらに、カミソリよりも時短で忙しい朝などに剃り忘れに気付いても、数分でちゃちゃっと済ませることができるので損はありません!
シェーバーが無い人は、お風呂後の毛が柔らかくなっているときなどに優しくL字型のカミソリを使って剃りましょう。
T字方のカミソリよりもL字型のカミソリのほうが顔のデコボコに対応しやすく、変にお肌に傷をつけることも少なくなります。
また、お顔そりの際にはシェービングクリームなどを必ず塗りましょう。
お顔そり後も、保湿や紫外線対策などが大切になってきます。
顔の産毛はもともと外部からの刺激に備えて生えている物なので、お顔そり後の肌はとても敏感な状態になっています。
生理中などのお肌がとくに敏感になっている時期のお顔剃りはできるだけ避け、正しいケアを行ってつるつる綺麗なたまご肌をゲットしちゃいましょう♪

乾燥肌特有の赤くカサカサしてしまう肌にお悩みではありませんか?
化粧水や乳液で保湿したくても、カサカサに染みて痛かったり、化粧ノリが悪かったり…。
実は、その乾燥肌の赤身は生活習慣をよくすることでよくすることができるんです。
まずは、まずは刺激を与えないことです。カサカサしていると、無意識のうちに肌に触れてしまうことがありますが、それは悪化してしまう原因になります。
スキンケアや洗顔はできる限り優しくすることが大切なポイントです。
また、できる限り保湿成分のセラミドを含んだ基礎化粧品を使用するようにしましょう。
睡眠不足も天敵です。
お肌は寝ている間に再生しますので、その再生の時間となる睡眠時間が減ってしまうと唯一のお肌の再生時間となる大事な時間が減ってしまいます。
そして、いちばん大事なのは食生活です。食生活には手を抜きがちな人も居ますが、体の組織のもととなる食べものの栄養はとても大事なものです。
お肌に良いと言われている成分だけを過剰に摂取しても、その栄養を分解するにはほかの栄養素も必要になってきますので、日頃からバランスの良い食事妊気をつけましょう。
以上のことに気を付けていればすぐに効果は表れます!ぜひお試しあれ!

どんなに綺麗なネイルを頑張って維持しても、指の先からちょろっとでているささくれのせいで手がみすぼらしく見える…なんてことありますよね。
ささくれが出来る原因には、主に生活習慣の乱れが手先に現れていることが多いんです。
まず、ささくれはビタミン不足が主な原因になっています。
ビタミン不足というと、例えばコンビニ弁当などの直接ビタミンを摂取できないものばかりを食べている場合です。
加工食品にはビタミンがほとんど含まれていませんので、ささくれができる大きな原因となってしまいます。
次に多いのは、熱いお湯に触れる機会が多い人や、セルフネイルでネイルリムーバーを頻繁に使う人。
肌に異物が触れる機会が多ければ多いほど、指先と言っても肌が荒れることは当然多くなります。
もしささくれが出来てしまったときは、野菜やフルーツなどを多めに食べるようにし、体の中から改善していきましょう。
また、頻繁にネイルオイルやハンドクリームなどで保湿をするように心がけ、手の指先まで感想を防ぐ細やかな対策が必須です。
ビタミン不足はささくれにすぐ現れます。食生活から健康に気を遣い、身体が出した小さなサインも見逃さずに指先美人になりましょう♪

ずっと欲しかった大好きなブランドのスニーカーや、ショーウィンドウに見とれてついつい買ってしまったお気に入りのサンダルやパンプス。
どんな格好にも合う着回し力の高さに甘えて、毎日同じ靴で歩いていませんか?
サンダルやパンプス、スニーカーなどの靴全般のものに言えることですが、靴は1回履いたら2~3日休ませることで長持ちするんです。
人の足は思った以上に負荷のかかっている場所で、靴の生地も伸び縮みに大忙し!
あまりにも激しく動いた後は、自然と生地や裁縫が戻るように休ませてあげると、自然に靴の中の湿気もとび、匂い対策にもなります。
また、夏などのサンダルを履く時期はとくに念入りにお風呂で足を洗い、足の指と指の間の角質をしっかり洗い流したり、爪の間の汚れを爪ブラシなどでしっかりと落とすようにしましょう。
毎日同じサンダルを履くのではなく、ローテーションをつくって毎日同じ靴を履くことの無いようにして、綺麗な状態を長持ちさせましょう。
キレイな状態で2~3日自然乾燥させれば、においのもとも自然と消えます。
自分で気づきにくいところですが、外出先での足の匂いはどうしようもなく恥ずかしいものです!
どんな靴でも、1度履いたら2~3日休ませることで2年くらいはもつと言われています。
おしゃれは足元から!足元から指先までキレイを欠かさない女子になりましょう!